2010年11月アーカイブ

2010年11月11日(木)、財政金融委員会にて、保険業法再改正案に関する質疑に立ちました。

 

IMG_5084.JPG IMG_5091.JPG IMG_5083.JPG IMG_5114.JPG↓ 詳しい質疑内容は、下記の議事録をご覧ください。 ↓

101111zaikin2.pdf 

 

今回の改正案で整備される認可特定保険業者制度について「共済事業を行う団体にとって、『当分の間』がどれくらい継続するか大変重要な関心事」と具体的な期間の回答を求めたが、自見金融担当大臣は今後の検討課題とし、具体的な期間については言及を避けました。

 

また、暫定措置として認められたとしても責任準備金の積立てが毎決算期に求められていることに触れ、積立方式で運用される一般的な金融商品と違い、相互扶助で利殖を追求しない賦課方式で運営されている共済事業については責任準備金が負担とならないよう十分な検討をするよう強く求めました。

 

 私の質疑の翌日の1112日(金)、参議院本会議において、公益法人の実施する共済事業の継続を特例として認める「保険業法等の一部を改正する法律の一部を改正する法律案」が全会一致で可決し成立しました。これにより日歯共済と日歯年金が継続することとなりました。

 

今後、共済事業については、金融庁と主管官庁(厚労省)との共同省令において監督上のルールが定められ、具体的な運用については金融庁が中心となってガイドラインが作られることになります。

 

 

11月11日(木)、参議院財政金融委員会で質問に立ちます。

時間は、10:05~10:45の40分間の予定です。
保険業法再改正案について質問します。

興味のある方は是非
、Web(こちら)で生中継をご覧ください